人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アサメラ 一枚板天板テーブル

アサメラ 一枚板天板テーブル_e0156341_07030684.jpg
 MUKU-DATA   アサメラ(アフロモシア)一枚板天板   新潟県見附市 S様


室内に一枚板が入った瞬間(そこの家族に迎え入れられた瞬間)
室内には新たな空気が流れ始める。

毎回、その場面に立ち会う事はできないが、昨日弊社の木津がアサメラを届けた際に
撮ってきてくれた写真です。

一枚板を扱っていて何度か大きな感動の場面に遭遇します。
ドキドキしながらうわぁ~って場面に。。

初めは丸太から板に製材するとき(うわぁこんな材だったんだぁ)
数年養生して寝かせた埃の被った材面を削りだすとき(乾燥後あらためて見えてくる材面)
そして削った板にオイル塗装など施すとき(くっきりと浮き出す木目)
それからお届けして室内に初めて迎え入れられたとき(部屋の空気が変わる)
長く使い込んで5年、10年と経ったものを目にしたとき(経年変化で更に味わい深くそこの家族色に変化している)

ざっとそのような時が大きな感動でワクワクする場面
更に言えば、
20年後、使い過ぎて醤油をこぼし手垢まみれになった板でも
数ミリ削れば初めの新品の場面に戻すことができる。
時代がのった風合いもいいが、何かの機会に心機一転新品状態への戻すのもありかもしれない。


床はナラ材かな・・
造作家具の着色の色合い、鉄の棚受け、少し青が入ったグレーのタイル、黒のフレームのYチェア
そこに置かれたアサメラと鉄脚はまるで始めからコーディネートされていたかのようです。
コーディネーターはお客様自身
きっと明確にイメージされていたのでしょうね。

お届けしたきた社員の木津に
「置いた感じどうだった?」
「お客さん喜んでた?」

「ほんとうに??」

「ぜんぜん、本気で、凄く室内に合っていたと思うし、Sさんもとても喜んでいました」

写真を見せてもらって、
うんうん、良い感じだねって 

あのさ、脚がちょいセンターじゃないよ
「あ、それ写真撮るときそうだったんだけど、ちゃんと直してきました」
OKOK

好きな色合い、好きな質感、
自宅室内を一番よく知っているお客様自身が最大のコーディネーターであることを
あらためて感じる一枚となりました。

どうもありがとうございました!





アサメラ 一枚板天板テーブル_e0156341_07030994.jpg




関連:アサメラ一枚板テーブル








by solid6q | 2020-08-20 08:08 | 木のテーブル・座卓