人気ブログランキング |

黒檀 床脇 違い棚 

e0156341_09194501.jpg
■ MUKU-DATA  黒檀総無垢 床脇材(地袋、天袋、違い棚、1式)



床の間すら少なくなった現代の住宅で、
地袋・天袋・違い棚が備わった床脇を新築で見る機会は極端に減った。

今まで材木屋として建築資材を扱ってきて、
海老束、筆返しと違い棚のある床脇材を納めたのは1~2件程度、遥か昔20年以上前の記憶
当然、違い棚、天袋、地袋と貼物だった。

珍しく黒檀の総無垢で1式材の揃った床脇があったので入手していたものを
昨日、キレイに水拭きして整理した。
黒檀なのでズシリと重い。

床脇なんて新たに作る事が無くなった今だからこそ、
貼物ではなくしかも最高級の黒檀でキッチリと
床の間、違い棚のある床脇を作るのもあり?なのかもしれない。

馬鹿げているか?









e0156341_09242116.jpg




天袋用鴨居x1、方立x4、雑巾摺x2
e0156341_09203252.jpg




天袋底板
e0156341_09214762.jpg





地板と地袋板
e0156341_09252352.jpg






適材適所、
反りの出た黒檀に鋸目を入れながら吸付き桟が入っている。
製作する際の苦労の跡が見えると共に、適材適所、材を良く検討して作った事が見てとれる。
どんな想いで、この黒檀の床脇材を製作したのだろう・・・
当時としても黒檀総無垢材は珍しかったかと思う。(欅材は目にしますが)
e0156341_09222747.jpg

e0156341_09224956.jpg






海老束x2 、筆返しx1
e0156341_09231992.jpg







床の間と床脇、
目にしなくなった今だからこそ、
キッチリと良材で作れば、それはそれで「いいね」って
意外と新鮮に良くみえるのかもしれないなぁ・・・
なんて思ったりしている。

どなたか是非、やっていただきたい。



e0156341_09260063.jpg












by solid6q | 2019-06-10 10:05 | 和室・数寄屋・茶室