椨と栗 日本の樹

e0156341_07331566.jpg
 MUKU-DATA  左:椨(タブ)2017春先の製材品  右:栗(クリ)乾燥材


椨と栗の表面を削りました。
椨は製材されて約2年経過したもので、まだ材が動く可能性があります。
栗は5年以上経過した乾燥材、反りが大きかったのでどうしようか・・?と躊躇していて
デビューさせるのが遅くなってしまいました。
いづれも一枚板天板には充分な大きな木です。

一旦削ると材も少しまた動くと思いますので、
このまま様子を見ながら出荷前に再度削りサンダー仕上げの2工程でやっています。

いづれの木もどちらかというと暴れやすい材ですので
上手く割れずに乾いてくれるといいのですが。。。






椨(タブ) 2170 840-850-950 t60mm
全体に縮み杢のあるタブです。
購入時「タブ桜」との記載がありましたが、桜ではなくクスノキ科。
色合いが少し似ているから昔の銘木屋は〇〇桜なんて呼んでいたのですよね。
e0156341_07340425.jpg


e0156341_07344898.jpg








栗 2060 880-820-960 t 際54mm 中心60mm
反りが強かったので表も裏も全て平らに鉋を掛けると厚さが52mmになってしまうので
ここで削るのを止めてあります。
木裏部分は約750mmほどまで平らになっていますので置き脚に載せるには
問題ないかと思います。
木目は素直ですが、ほぼ無傷。大きな栗の一枚板は市場でもそう目にしないように思います。
e0156341_07352586.jpg

e0156341_07360660.jpg









椨は海岸沿いで良く目にするが、海に近い木は常に強風にさらされて揺らされて育つので
そういった関係で杢がゆらゆら動くのか?
オレゴンウォルナットそうなの?
(勝手な推測だけど)
e0156341_07363248.jpg

e0156341_07365455.jpg











by solid6q | 2019-01-31 08:08 | 無垢一枚板