ソノケリン 色の経年変化

e0156341_07100703.jpg
 MUKU-DATA  左:カバ  中:栗  右:ソノケリン  



ソノケリンと言えば、何とも言えないあの多彩な紫色が魅力的な材ですが(経年変化前⇨ ソノケリン
上記の写真の栗やソノケリンはここに置いてもう10年近く経過したものです。

えっ、これ栗? チークみたいな色だねって位に色が濃くなりました。
一方右のソノケリン、紫色が薄くなり薄茶系の紫と黒い縞模様に変化しました。

良くヴィンテージ家具や楽器でブラジリアンやインドローズが色落ちして紫色が薄くなり
縞模様が強調されて見える物があると思うのですが・・あれと同じ現象です。
これはインドローズね、こっちはハカランダと新材を見せられ教えを被り
古い家具など見るとこれはブラジリアンね、と?
全然色合いが違う事が、余計判別を難しくしており目下、見る目を鍛えている最中です。
弊社にもこれブラジリアン、インドローズが数枚ございますが、
信頼できる方から分けてもらったものでも特にブラジリアンの方は半信半疑、判断する基準値が
圧倒的に少ないので、気持ちの中では半分ほどブラジリアンね、と思うようにしています。
(ここら辺は楽器業界の材を扱っている方々が強いのでもっと色んな材を見せてもらわないとです)

話が逸れましたが、
この色の薄くなったソノケリンのフローリング
紫色が欲しい!って方には数年後残念な結果になってしまいますよね。
パープルハートも然り、紫の王様、あのサツマイモのようなPハート
これも経変変化で紫から茶系に変わるようです。
色が変わったPハートの茶色のサンプルを提示し、この色なら落ちついているからと材を選択
玄関枠に取り付けたら、その色に衝撃を受け、取り外したという話を同業者から聞きました。
(これは色の変化したサンプルを提示した業者にも問題はあるのでしょうが・・説明不足と。
まぁ、パープルのサンプル自体、用意するのもかなり難易度が高いのですが)
色落ちするって材は他にも、ウォールナットも経験上少し薄くなりますし、
逆に写真の栗はどう見てもチーク色、
ブラックチェリーも良い具合に色が濃く深くなります。

個人的には、ソノケリンが色落ちした状態は縞模様が強調され
上質なアンティーク感満載ないい雰囲気かとは思うので、
多彩な紫系の真新しいソノケも好きですし、10年後の薄くなったソノケももっといい感じかも
2度美味しい思いができる材(フローリング)かとは思います。

問題は現在商社に問い合わせしたところ、どこも欠品中である事。
ローズウッド系 ツルサイカチ属(Dalbergiaダルベルギア))が
ワシントン条約付属書Ⅱに掲載されある程度の規制を受けていることも
少しは関係しているのかもしれません。?

ソノケリンなんてなんちゃってローズみたいな扱いだったのですが、
そのうち超高級材の仲間入りって感じになるのでしょうね。

個人的には大好きな木ですよ、
だって事務所の床、ソノケリン貼っていますから。










木目は言われれば栗、
でも色はどう見てもチーク
e0156341_07110920.jpg






縞模様がだけ色落ちしない?
いい感じ
e0156341_07120620.jpg







e0156341_07123986.jpg














by solid6q | 2018-10-06 08:06 | 無垢床材・フローリング