黄肌(キハダ)一枚板

e0156341_06350705.jpg
 MUKU-DATA   黄肌(キハダ)L=3700mm 乾燥材


約3年桟積みして乾かしていたキハダを削りました。
まだ少し材は動くかもしれませんが、3年乾燥後一旦削り、立て掛けて更に乾燥させながら
材が動くかどうか観察していきます。
(時間とコストがかかる作業ですが、材の様子、動きが分かるので事で安心します)

一見冴えない色合いですが、長く時間の経過と共に槐のような茶系に変化していきます。
以前、こげ茶のテーブルを見た際、何の木か一瞬わからないほど茶色になっていました。

最近、なんとなく感じるのはグレー色っぽい
いっけん冴えないような色合いの木、
例えばこのキハダであったり神代であったりと求められる事が多くなったように感じます。
通好みといいますか、、、
ただ単にお客さんと共に歳をとった事で年相応の趣向に変わっただけ?
なのかもしれませんが。。。

上記写真、全て3.7m材

左から
⑦ t50 420-490-630mm → 芯割れ多い(芯去りですが芯近くなので)
③ t52 310-400-560mm
① t50 430-460-590mm
② t55 310-400-560mm
④ t52 390-460-660mm
⑤ t65 220-250-520mm  SOLD OUT
⑥ t52 190-270-400mm

このようなサイズになります。
中間検地はL1800mm部分です。
巾が少し狭いですので、何に向けるのがいいでしょうか?

縮み杢が入り、全体に上品な印象です。





e0156341_06370040.jpg

e0156341_06374620.jpg





e0156341_06385453.jpg

e0156341_06392517.jpg

e0156341_06395613.jpg











by solid6q | 2018-10-02 07:10 | 和材 日本の木