一枚板の脚

e0156341_06330570.jpg
 MUKU-DATA   一枚板の脚 既製品 材種:クイラー  W550 H640mm


一枚板のテーブルやカウンターの脚
これがずーーーーーっと課題として手を付けては途中で頓挫して
一区切りの完成、製品化を果たす事ができずに時が過ぎてしまっている。

写真は一枚板では良く使われる3点押えのテーブル座卓兼用脚の既製品
サイズはW550mm、H640mmと少しサイズが足りない感じはするが、
単価が安い。量産にはやはり単価では敵わない。

一枚板の天板はそれ自体が色、杢目、形と自然が作り出した造形美で存在感、力があるので
脚はシンプルに目立たなくするのがいいのかもしれない・・・?
その点、シンプルな鉄の脚にただ乗っけただけの方が
良く見えたりする。
一方で芸術的美杢なレアな一枚板には、何だか鉄っていうのも不釣り合いに
思える事もある。

耳付ではなくストレートカットした薄めのシャープな一枚板は
脚まで含めての一つのものとして見た方が良くみえるのかもしれない。

かもしれない、、、
が多いのは答えが出ていないから。

本当は一枚一枚良く観察して
どういった形がいいのか?完全オーダーというのが答えなのかもね。

オーダーの場合、脚はそれぞれの形や作りこみの手間によって
金額は異なるが見積りすると大体皆さんまずは高いと感じる。
よくよく内容を見て見みると、
これだけ手間がかかっているのだから、そりゃこれくらいはかかるよねって
納得はするが、果たして製作までに至るかどうかはそこでまた判断となる。


とりあえず、今回は手頃な既製品をUPしてみた。
これと同じものを特注製作するなら既製品には敵わないでしょうね。

木の脚、何とか形にしたいとは思っています。







クイラー(メルバウ)の脚
e0156341_20531825.jpg





こっちは1脚 確か1,500円だった。
鉄脚でこの単価は特注なら海外量産以外完全に無理
細いから重い天板だとガタガタするけどね。
e0156341_20514710.jpg












by solid6q | 2018-07-13 07:19 | 木のテーブル・座卓