木の看板  杉割肌

e0156341_07251844.jpg
 MUKU-DATA   杉 割肌 木材倉庫看板


2011年夏の福島・新潟豪雨の際に松之山の神社の脇から崩れ落ち
真っ二つに裂けた高樹齢の杉の木です。
地元では樹齢1000年など言われていたようですが、
ぱっと見た感じ5~600年ほどかと思います。

その年の秋に森林組合市場に並べられてあり
その高樹齢の裂けた割肌から発せられるオーラーに
惹きつけられ手にいれた裂けた2本のうちの一つです。

落札したときに他所の材木屋のおっさんたちには
「何にするん?」って声をかけられ
変な目で見られていたような・・・
何にしようとはその時は考えておらず、
しばらく倉庫に保管してあったもので、
ようやく材木屋の看板材として使う事になりました。

弊社木材倉庫を見守り、お客様をお迎えする
木材倉庫の御神木といった感じでしょうか。。。

切り抜いた部分の文字はどうするか追々考えようと思います
(が、これだけでいいんじゃないの?これが全てとも思っています)




e0156341_07272397.jpg

e0156341_07283550.jpg




e0156341_07292115.jpg




e0156341_07302120.jpg


関連記事 → 2011 10/26








by solid6q | 2018-07-06 07:50 | 木の看板・扁額・表札