花梨 造作材

e0156341_06392988.jpg
 MUKU-DATA  花梨(カリン) 框材1820 180x105/120mm 再割り


花梨の造作材を取っています。
框材として作られたもの(180x105/120mm)を前に買ってストックしておいたものです。

上り框といえば、180x120mm 150x105mm 120x90mmなど
玄関と床の堺にズド~ンと入れ見切るものだったのですが、
いまどきの納まりは無垢のフローリングを張った際は、こういった大きな框は使わず、
スリムにスッキリと見切る(例えば120x30mmなど)といった現場を多く目にします。
框なんて使わずに、フローリングだけで納めている現場もあったりします。
別に違和感もなく、スキっとした潔さを感じ
見た目の軽やかさはむしろいいのかもしれません。

当然、このストックしていた上り框用として作られた花梨材も、
その用途に使おうとは思っておらず、何かの造作材にしようと考えていたものです。

ちょうど当てはまる注文が入って良かったです。
これでほぼ全て(30丁ほど)の花梨材をつぶしました。
持ってて良かった、持ってなきゃできなかったこと、
特殊な材は、適材として当てはまるものが来るまで
ストックしておく忍耐が必要とも言えますね。
こういった部材に適しているのでは?と常に想像しておくこと、、

しかし2~3丁だったらまだしも、多くの花梨の造作材は無謀かも・・

端材も多くでましたので何かの部材として活用しようと思います。







e0156341_06402371.jpg

e0156341_06412302.jpg




e0156341_06421806.jpg

e0156341_06430680.jpg











by solid6q | 2018-05-11 07:19 | 木の建築部材