ユリノキ

e0156341_16013956.jpg
 MUKU-DATA  ユリノキ 東京国立博物館 


結局、何となくトーハク行ったんだけどね、
日光街道を抜けて4号線下道を走り東京まで辿り着き
GW前半見損なったトーハクで等伯の松林図屏風を見てきたんですわ。
(生きてる間に一度は本物を見ておきたかったから)

e0156341_16062093.jpg

思っていたより空いていて(長蛇の列だったらパスしようと思ってたけど)
じっくり見れた。



何だろ?この大きな木は?って気になっていたんだけど
松林図を見た後、この木の前に行ったら、「ユリノキ」の表記
ユリノキ?

e0156341_19571101.jpg

初めて聞くなぁ・・ そんな木あるのかぁ・・
なんて帰ってから調べたら、なんだぁ~イエローポプラの事かぁって分かった。

トーハクの埴輪のキャラクターは見た事があったが(トーハクくんっていうんだね)
ユリノキちゃんは知らなかった。
でもキャラクターになってるから、この大きなユリの木はここの象徴なのですね。



「ユリノキ 木材」って検索すると
半纏木(ハンテンボク)、チューリップツリー、チューリップポプラ、イエローポプラ・・・
と出てきた。
可愛い花が咲いていて、半纏というよりはチューリップの方がいいかもね
e0156341_16041595.jpg
e0156341_16052900.jpg




イエローポプラ(モクレン科)って、昔この材は建築用木材業界では「チューリップウッド」の名称で
ギター系やペン系でチューリップウッドっていうとブラジル産チューリップウッド(マメ科)を指すようなので
ややっこしいから勘違いされてからイエローポプラっていう事にしている



松林図屏風も見れたし、大きなユリノキとその花も見れたし、
満足、満足。



e0156341_16032661.jpg





e0156341_16070991.jpg












by solid6q | 2018-05-07 20:41 |