クラロウォルナット 接ぎ木

e0156341_07300805.jpg
 MUKU-DATA  グラフテッド クラロウォルナット  


桟入れして片付ける前の皮むきと割れ止め作業を続けています。
板なんだから反ったり割れたりと仕方ないんだけど、
割れるとやはり少し沈んでしまう。
なるべく痛い思いはしたくないから、できる限り丁寧に養生して乾かしたい。

昨日はクラロウォルナット中心に、
接ぎ木された材が残っているクラロです。
接ぎ木の部分は短いもの、もしくはない物が多いのですが、
今回はヨーロッパ産ウォルナットが長めに残っているクラロです。

この接ぎ木部分のヨーロピアンウォルナットが
イングリッシュなのかターキッシュなのかフレンチなのかは
まだ経験、知識が少ないのでわかりません。
現段階で認識しているイングリッシュウォルナットと同じなので
イングリッシュかもしれませんがフレンチ、ターキッシュなどその他
ウォルナットを見た訳ではなく判別のしようがありません。

日本で目にするのは、国産のクルミ、
その他多くはアメリカ産のクルミで
ウォールナットと言われているのはほぼアメリカ産ですが、
ヨーロピアンウォルナットの薄い色合いに黒い縞模様は
魅力的な色合いです。






e0156341_07284809.jpg


e0156341_07275576.jpg



こっちは接ぎ木はないが良材のクラロです。
e0156341_07322766.jpg




接ぎ木された跡
e0156341_07311216.jpg











by solid6q | 2018-04-02 07:56 | クラロ・オレゴン・バストゥーン