栃 鉋で仕上げる

e0156341_18215872.jpg
 MUKU-DATA   栃



中山大工さんが時間のあるときの会社に来てもらい
大きめの一枚板を削ってもらっています。

まずルーターを使い反りを取りながら水平を出します。
特に大きな反りは電気鉋も使います。
その後、ルーターの溝を手鉋で均しながら仕上げていきます。
最終仕上げ前の段階までの加工です。

たくさん並ぶ鉋は、ほんどは仲間の大工さんから使わなくなったものを
もらったものらしく、
樫の台木を調整して刃を研ぎ直して使えるようにしたそうです。
鉋とか刃物など研ぎものが好きなんだなぁ・・と感じます。

見ていて思うのは、
機械加工とは違い、微妙な杢目や厚みなどの微調整が
人の手だと加減しながらできるところがいいと思います。


しばらく栃一枚板が続きます。







e0156341_18241998.jpg

e0156341_18232928.jpg




e0156341_18250523.jpg











by solid6q | 2018-02-08 08:05 | 一枚板の加工 反り均し