朽ちかけた丸太

e0156341_06003600.jpg
 MUKU-DATA  もう10年以上置いていた栗や漆の丸太



木を見ての感じ方は人それぞれだなぁ・・とつくづく思います。
これら栗や漆の丸太はここに置いてもう10年以上経過しました。
雨に打たれ、直射日光に何日も曝され、冬は雪に覆われ眠っている。
丸太と丸太が接する部分は朽ちて土に還りそうな状態、虫が棲みつき草も生えてきています。

この朽ちかけた丸太に何か感じるものがあるらしい。
この表情を活かして、あるものを制作依頼されました。

まずは土を洗い流す作業から。
暫く天日干しを行ってみます。
上手くいくかどうかはわかりません。

建築業界以外の方からの要望、発想は
建築資材として使えなくなった素材でも、もしかして活かす事ができるのかもしれません。
楽しみながらやらさせていただいております。

先代、製材のSさん、営業に来られる年配の方々は
腐った丸太を出して、また何やってんだぁ??????
って感じでみられていますけどね(笑)









e0156341_06024345.jpg





















by solid6q | 2014-04-25 06:31 | ヴィンテージウッド・古材